みなさんこんにちは。

11月3日(土・祝)は、「旭ミュージックフェスタ2012」が開催されます。

そこで今回は、旭区の小川明彦区長からメッセージをいただきました!

 

小川明彦 旭区長

 

小川区長は、今年8月1日から旭区長に就任。

岩手県に住んでいて、2011年3月11日の東日本大震災に遭われました。

このとき、大阪市から多くの人がかけつけて、支援活動をしていた様子が強く印象に残り、いつか大阪市に恩返ししたいと思っていたそうです。

また、岩手県で増田前知事の行政改革などに携わっていた経験を生かして、大阪市の改革に寄与したいとの考えもあり、公募区長に応募されたそうです。

 

大阪に来られて、

こんな大きなまちなのに、東北よりも地域コミュニティの力が強いことに本当に驚きました

という小川区長。

また、どこに行ってもお店の対応が親切で、ホスピタリティの素晴らしさにも感動されたそうです。

 

 

 

実は、「京街道JAZZライン」に名をつらねる14イベントのなかで、自治体が主催となって、深くかかわっているのは「旭ミュージックフェスタ2012」だけ。

「旭ミュージックフェスタ2012」は、住民と行政がまさに力を合わせて取り組んできたイベントなんです。

その特徴は、ジャズにとどまらず、ポップス、軽音楽といったバラエティ豊かな演奏が行われること。

ジャンルにこだわらずみんなで楽しもうとするところも、「大阪らしくていいですね」とおっしゃる小川区長から、動画メッセージをいただきました。

 

 

 

 

取材当日、まちづくりへの思いを熱く語ってくださった小川区長。

旭区にある千林商店街のアピール方法や、新しいイベント創出など、まちづくりのアイデアもたくさんお話してくださいました。

「旭ミュージックフェスタ2012」の盛り上がりはもちろん、これからの旭区にも注目ですね。

 

 

今回の記事のDATA

旭ミュージックフェスタ2012

ウェブサイト/http://asahi-music.net/

日時/11月3日(土・祝)11:00~17:00

会場/旭区民センター