来場者数500人余!
たくさんの方がビッグバンドの迫力あるジャズに酔いしれました!!

▼イベントレポート▼ムービー▼フォトギャラリー▼関連エントリー

みなさん、こんにちは。

ついに「京街道JAZZライン2013」が始まりました!

京街道、すなわち現在の、京阪電車沿線の町々で、合計14のジャズイベントが2カ月にわたって開催される、秋のビッグイベント。

3年目を迎える今年も、京阪沿線の秋は、ジャズ一色です!
ぜひ、京阪電車に乗って、心地いい音楽に触れてみてください。

あわせて、沿線の町情報やイベントレポをお伝えする当ブログも、
どうぞよろしくお願いいたします。

イベントレポート

さて、「京街道JAZZライン2013」の先陣をきったのは、
「寝屋川市 市民たそがれコンサート」です。

ご出演は、寝屋川市を中心に活動される老舗ビッグバンド
Original Herd Jazz Orchestraのみなさん。

 

サックス隊、かっこいい!

 

 

迫力のトロンボーン隊!

 

 

トランペット隊は華やか!

 

 

そして冷静に支えるリズム隊。

こんなふうに、たくさんの楽器を一度に見て聴けるのは、ビッグバンドの魅力の一つかもしれませんね。

 

当日は、「美女と野獣」「シングシングシング」などおなじみの名曲のほか、しっとりと歌い上げるバラードや、バンドマスター岡川さんのMCによると、

「少しマニアックな曲」

も演奏されました。

 

「とにかく楽しんでいただきたい、バンドとして、この想いが一番ですね」

という岡川さん。

バラエティーに富んだ選曲で、場面をさまざまに展開させることが、お客さんを飽きさせない重要なポイントになるため、

何年やっていても、毎回、曲選びが一番の悩みどころ

なのだそうです。

 

ステージを飛び出して奏者がお客さんの間近に迫るシーンも、場面展開の工夫の一つ。

 

トランペットで、ハイトーンと呼ばれる高い音を出すことは、大変難しいといわれます。

そのハイトーンを使ったコミカルなパフォーマンスに、賞賛と笑いの声がわきました。

 

 

迫力の演奏のなかに技あり、情熱あり、そして笑いあり。

「楽しんでいただきたい」

というバンドの想いは音にのってしっかり伝わり、訪れたお客さんからは何度も大きな拍手が送られました。

ムービー

今回の記事のDATA

名称/寝屋川市 市民たそがれコンサート

日時/9月8日(土)16:00~17:00

場所/香里園駅西側広場

メモ/来場者数500人余! たくさんの方がビッグバンドの迫力あるジャズに酔いしれました。

フォトギャラリー

その他の写真はこちら(Facebookページにジャンプします)